ごあいさつ・スタッフ紹介

ごあいさつ

その昔、家づくりというのは、地元の棟梁(大工さん)が全ての工事を一手に任されていました。
建主と直接会い、一つ一つ話し合いながら自分の腕一本でコツコツ造っていき、
その中で人間関係も築き上げていたのです。

棟梁は、当然建物の技術的な面においてはプロです。
また、地域の事情をよく知り、その土地の風の向き、雨の降り方等を考慮し、
地域に合った家づくりをしました。
地域行事等にも積極的に参加し、町の発展のために一翼を担ってきたものでした。

時代は流れ、「人間性」よりも「生産性」、
「地域性の考慮」よりも「広域拡大」というように、利益性ばかりを重視し、
人間の良い意味の「アナログ」的な部分が無くなりつつあります。

私たち荻建設は、
地元大阪に根差す皆様の地域の工務店として家づくりの原点に戻り、
「 人間性」を大切にし「地域性」を考慮して、
そこに住むご家族が心から寛ぎ、安心して暮らすことのできる注文住宅を
お客様と一緒に作り上げて行きたいと考えております。

家を建てて終わりではなく、完成してからが本当のお付き合いです。

この地域で楽しく幸せに暮らして頂くことが、私たちの願いです。
その為に、私たちは地元の棟梁のような工務店として、
お客様の家を心を込めてつくり、本気で大切にしていきます。

そして、皆様への奉仕の精神を忘れず、地域に貢献してまいります。

株式会社荻建設
代表取締役社長 荻ノ迫 宏成

代表取締役社長  荻ノ迫 宏成

スタッフ紹介

  • 荻ノ迫  斎昭

    専務 荻ノ迫 斎昭

    昭和50年生まれ 吹田市出身
    子供のころ父親(会長)が建てた家を見に行くのが大好きでした。
    今でも檜の香りをかぐとそのころの事を思い出します。
    私はお客様に良い思い出になる家づくりを目指しています。

  • 荻ノ迫  斎昭

    大工 湯浅 良浩

    昭和43年生まれ 守口市出身
    荻建設の社長とは平成4年からの付合い!
    大手メーカー時代からずっと一緒にやってきました。
    心身ともに健やかに暮らすことのできる檜の家。
    住む人のことを考えた良い家を造る事に嬉しさと誇りを感じています。

  • 荻ノ迫  斎昭

    大工 陣内 雅志

    昭和46年生まれ 平野区出身
    私のモットーは丁寧且つスピーディーな作業です。
    また現場に来られたお施主様や近隣の方とのコミュニケーションも忘れません。
    檜の香り漂う現場の中に明るい雰囲気をプラスし、みんなで心を1つにして、
    より良い家を作っていきたいです。