吹田市・摂津市・北摂で注文住宅をお考えなら上質デザイン住宅、注文住宅専門工務店のオギ建設

吹田市・摂津市・北摂で注文住宅をお考えなら上質デザイン住宅、注文住宅専門工務店のオギ建設

吹田市・摂津市・北摂で注文住宅をお考えなら上質デザイン住宅、注文住宅専門工務店のオギ建設
吹田市・摂津市・北摂で注文住宅をお考えなら上質デザイン住宅、注文住宅専門工務店のオギ建設

EVENT & BLOG

2020年11月27日

構造見学会 / 12月12日(土)・13日(日)開催

2020年12月12日(土)・13日(日) / OPEN : 10:00〜CLOSE : 17:00

 

 

 

【CHECK】
■24時間換気してるけど寒くならない家ってどんな家?
■stay homeやテレワークで家の光熱費が前年より高くなって困る。
■テレワークに最適な家ってどんな家?
■ZEH(ゼロエネルギーハウス)って本当にゼロになるの?
■オギ建設の家って他とどこが違うの?
■家を建てたいけど、何からはじめたらいいの?

 

 

【日時】
2020年12月12日(土)・13日(日)
OPEN : 10:00〜CLOSE : 17:00

 

【開催場所】
摂津市正雀本町2丁目12-27

 

 

◆お願い◆
新型コロナウイルス感染予防のため入場制限を行う場合がございます。
お越し頂く前に確認のご連絡頂ければスムーズにご案内頂けます。

 

2020年11月19日

摂津市T様邸上棟

吹田市・摂津市でZEH・パッシブハウスを手掛けるオギ建設の荻ノ迫斎昭です。

 

先日、摂津市のT様邸新築工事では、11月とは思えない暖かい日の中無事故で上棟しました。

 

 

40坪クラスになるとやはり大きく大迫力です。建て方作業もピース(材料)が多いので

 

大忙しでした。

 

今回も檜の柱を採用していただき、木のいい香りです。

 

この後は屋根の断熱パネル・断熱壁パネルを入れていきます。

 

ここから、高断熱・高気密の大切な部分をきっちり施していきます。

 

1年中快適に過ぎしていただくために。

 

また、工事状況アップしていきたいと思います。

 

 

 

2020年11月5日

11月15日(日)家づくり教室開催!

2020年11月15日(日)
OPEN : 10:30〜CLOSE : 12:30
家づくり教室

 

 

 

【CHECK】
笑顔は、暮らしのエネルギー。家族の元気が、日本の元気につながります。
私たちは、省エネ・健康・快適・安心をテーマに、
みんなが元気になる家づくりをめざしています。
あなたも家族と、あしたのための家、いっしょに考えてみませんか。

 

 

日時
2020年11月15日(日)
OPEN : 10:30〜CLOSE : 12:30

 

開催場所
大阪南港ATC ITM棟9階
IHPC(輸入住宅促進センター)セミナースペース1

 

 

◆電車をご利用の場合◆
新大阪梅田から地下鉄御堂筋線「本町」、またはJR環状線「弁天町」駅で、
中央線コスモスクエア行きに乗り換えコスモスクエア駅でニュートラムに乗り換え
「トレードセンター前」駅下車すぐ

 

◆車をご利用の場合◆
駐車場あり。お車を第一駐車場に停めていただくと、
駐車場内エレベーターで9階IHPC前に直接アクセスできるため便利です。
駐車料金 30分毎200円 ※土日祝日最大(1日)1,000円
⇒ セミナー参加者様には1日分無料券をお渡しいたします。

2020年10月20日

摂津市T様邸新築工事着工

こんにちは。吹田市・摂津市を中心に注文住宅を手掛けている荻建設の荻ノ迫斎昭です。

昨日は気温が低く寒かったですが、今日は過ごしやすい1日でしたね。

寒暖差が激しいこの季節は体調を崩しやすいので、皆さまどうぞご自愛ください。

さて、本日摂津市T様邸新築工事を着工しました。

摂津市は地盤が悪いところが多く、今回も地盤改良工事からのスタートです。

今日は湿式柱状改良工事。明日はまた違う工法の地盤改良工事を行います。

しっかりとした地盤を作ることで安心して暮らすことができますね。

 

 

 

 

 

 

2020年9月7日

摂津市S様邸の性能

こんにちは。吹田市のオギ建設の荻ノ迫斎昭です。

 

先日、摂津市のS様邸新築工事の気密測定を行ないました。

 

オギ建設では全棟気密測定を行ないますので、その家の本当の性能が分かります。

 

 

今回は家の広さが85㎡以下なのでc値を目標の0.5以下にすることは非常にむずかしいと

 

思っていました。なぜ広さがないと良い数値が出ないかといえばc値は

 

床面積1㎡に対して隙間がどれくらいあるかを表す数値なので(c値=0.〇〇㎠/㎡)

 

分母が小さければ不利になります。例えば家の隙間をすべて集めて5㎝角だったとすると

 

25㎠÷家の広さ(㎡)=c値という式になります。ですので床面積が広い方が良い数値になります。

 

しかし、何十棟もSW工法を建ててきたノウハウがございますので今回もバッチリ目標の0.5以下の

 

c値が出ました。

快適に家で過ごす為には性能が大切です。

 

コロナ禍でテレワークやリモート授業など家で過ごす時間が増えている今、光熱費は増えると思います。

 

断熱性・気密性のない家と高断熱・高気密の家でかなり違いが出てくると思います。

 

家を建てる前に家の性能にも目を向けてはいかがでしょうか。

 

吹田市のオギ建設の荻ノ迫斎昭でした。

 

2020年7月21日

摂津市S様邸新築工事

現在、摂津市S様邸新築工事が梅雨空の中ではありますが、順調に進んでおります。

 

この辺りは地盤が弱いところが多く、しっかりと長く住んで頂く為にまずは地盤改良からスタートしました。

 

 

 

 

 

 

今回も柱状改良+MS工法で行いました。

 

その後は雨の合間に着々と工事を進める事が出来

 

本日、社内基礎検査を行いバッチリ完成!

しっかりと養生期間を置いていよいよ来週上棟です。

 

吹田市・摂津市の工務店。オギ建設の荻ノ迫斎昭でした。

 

 

 

 

 

 

2020年5月25日

テレワーク部屋

こんにちは(^^)/ So Design!オギ建設 荻ノ迫宏成です。

5/21に大阪府の緊急事態宣言が解除されました。本日東京周辺及び北海道で解除

されるということでやっと全国で解除されることになりました。

当然元の生活に戻るということではなく、2週間程様子を見てまた感染者がどの程度

増えるのか、という実質第2波に対してのお試し期間のような感じだと思うので油断せず

もう少し様子をみながら行動していきたいと思います。

今回のコロナショックで私たちは色んなことをたくさん考えさせられました。

仕事の事、勉強の事、夫婦の事、子供の事、親のこと、お金の事、趣味の事、その他多々。

その一つが働き方です。平日の朝は満員電車に乗り出勤することは昔から誰しもが疑わない

当たり前のことでした。その日、特にやることがなくてもとりあえず定時に出社し

皆で顔を合わせて朝礼をし足並みをそろえます。離れた支店間では管理職が定期的に本社に

行き数字の報告等をしていました。とにかく今までは全てリアル対面にこだわった関係構築が

日本社会の仕事の進め方の常識、また世界の常識だったと思います。

それが今回のコロナで全て一変してしまいました。多くの会社が時差出勤やテレワーク、

飲食はテイクアウトにUber Eats(ウーバーイーツ)。良きも悪きもとにかく人と人との接触をどれだけ

減らせられるかをテーマに世界が動きだしました。

しかし3ヶ月ほどそういった仕事のやり方を余儀なくされてしまった私たちは当然全業種ではありませんが

意外にも即座に不要不急を見極め世の中に順応し始めてきたような気がします。

『朝礼や会議のZoom化』『オンライン決済』『出張のZoom化』『紙書類のデータ化』…etc

今までの当たり前の中の無駄な部分をたくさん発見できた期間でもあったような気がします。

私たち住宅業界も当然今までお客様はじめ協力業者とリアル対面でお仕事をさせていただいておりました。

特に我々のような注文住宅会社は『お客様と膝と膝を付き合わせ、ご納得行くまでとことん話し合います』

といったところが強みでしたが、どんどん非接触型に移行し始めています。

●【完成見学会】は『WEB見学会』や『バーチャル見学会』

●【相談会】は『オンライン相談会』

●【家づくり勉強会】は『オンラインセミナー』や『youtubeセミナー』

●【お打ち合わせ】は『ZOOM打ち合わせ』…etc。

 

また、ステイホームでこの数カ月間ほとんどの人が家に居ました。家の快適性が家族にとってどれだけ大切なものであるか

ということに私たち住宅業界の人間も含めて気づかされたと思います。

ウイルス対策の一つである『室内換気環境』、テレワークをストレスなく行うための『間取り』や『音』『ネット通信環境』

『ソーシャルディスタンスが確保出来る動線』等々色んな事を見直さなければならなくなりました。

特に小学生のお子様が居るご家庭のテレワーク問題は長期間になればなるほど深刻です。

リビングで仕事をしているとどうしても子供に邪魔をされ業務がはかどりません。

特にクライアント相手の内容の時は是が非でも抑えないといけません。

子供の立場になってもつらいものがあります。ただでさえエネルギーが有り余っている上に

やることがなく、目の前に普段居ない親が居る。邪魔して当然ですよね。

これからコロナが終息しても世の中的にテレワークは主流になってくると思います。

間取りを検討する上で余裕があれば3畳程の書斎を設けると良いと思います。

またその時ネット環境は無線LANではなく有線も引く事を強くおすすめします。

無線LANだけでは長時間Zoom会議をしていると切れることがあります。

どうしても専用部屋を設けるスペースがなければタタミコーナーを作って出来れば

引き戸等で仕切り不要な時は全開しておくと広いリビングが保たれます。

 

コロナ新時代と呼ぶにはまだ早いかもしれませんが全世界が新生活様式と向き合って行かなければ

いけない世の中になったと思います。我々住宅産業も今まで以上に急速に変化していくと思いますが

その時最良の情報をお客様にお伝えできるよう日々学んでいきたいと思います。

 

吹田市注文住宅、摂津市注文住宅 サウナーズ住宅

So Design!オギ建設 荻ノ迫宏成でした。

 

2020年5月16日

摂津市Y様邸リフォーム工事

こんにちは。

大阪府は本日から一部休業要請が解かれましたね。

一日も早く元の生活に戻りたいものです。

 

さて、4月から摂津市のY様邸リフォーム工事を着手しています。

今回のリフォームは全面リフォームです。

基礎・躯体などがしっかりしている家はリフォームや修繕をして長く住み続ける事が出来ます。

ですが、古い家は昔の断熱基準で建てられていますので、薄いグラスウールしか入っておらず

断熱材の入れ方も間違えていることが多いです。

写真のように一見、普通に見えますが、この断熱材の留め方は間違っています。

ご存知の方もおられると思いますが、ビニールに入ったグラスウールは

柱の側面に留めるのではなく、しっかり柱・間柱の正面にビニールのヒダを止めないといけません。

このビニールの役目は壁の中に湿気がいかないようにし、壁体内結露を防ぐ為の物です。

黒くなった部分は湿気が回ってカビが生えてる状態で、結露した後ということ。

一度結露してしまうとグラスウールが水分を含み、その重さで下にずれていき

ずれた所は無断熱状態になり、また結露がひどくなり、カビ・湿気が壁の中に。

ひどい場合は木材を腐らせてしまいます。

昔の建物はこのような状態が多いです。また、知識のない方が施工すると

写真のような状態になっていると思います。

 

今回はそのような心配がないように

湿気を含まないポリスチレンフォーム保温板を使用しました。

隙間はしっかりとウレタンフォームで充填。

これで壁体内結露の心配はなく、断熱効果も抜群です。

 

エアコンの効きが悪い、最上階が特に効かない。結露がひどい。

廊下が寒い。洗面脱衣所が寒い。西側の部屋は夜になっても暑い。

などなど、全て家の性能の問題です。

リフォームでも様々な断熱の方法・工法がございます。

快適にすごせるように、家の断熱の事、家のお困り事がございましたらご相談ください。

ZEH・パッシブハウス・長期優良住宅・低炭素住宅なども

もう少ししたらリモート相談会もしますので、お気軽にご連絡ください。

吹田市・摂津市の工務店。オギ建設の荻ノ迫斎昭でした。

 

 

 

 

2020年5月10日

エール飯

こんにちは。オギ建設の荻ノ迫斎昭です。

今日はエール飯!と言う事で、弊社のお客様のお好み焼き屋さん『マルケン』に行ってきました。

ここのお好み焼きはフワフワで本当に美味しいんです。

今日はぶた玉半玉モダン、ぶた玉餅チーズ、オムそばなどをテイクアウト!

美味しくいただきました(^^)

 

 

 

 

 

 

 

お店はJR千里丘駅の南側にございます。

電話でご注文も出来ますので是非!

 

吹田市の注文住宅 工務店 オギ建設の荻ノ迫斎昭でした。

 

2020年5月8日

出来ることから!

こんにちは(^^)/ So Design!オギ建設 荻ノ迫宏成です。

この度、弊社のブログがlivedoorブログから専用ブログに移行されました。

こちらでもどうぞよろしくお願いいたします(^^)

※過去記事はlivedoorブログから閲覧可能です。

 

緊急事態宣言が5/6から5/31まで延長されました。

私たち工務店業界も休業要請までは受けてないものの

完成見学会や各種イベント等を自粛しているため

どうしても影響受けること必至です。早々の終息を願うばかりです。

とは言っても家をご検討されているお客様はこの時期でも居られます。

オンライン相談会やzoom打ち合わせ等が出来る環境を只今整備中

ですが我々の仕事は、やはりリアルに会わないと通じない事柄が

たくさんあります。でも感染リスクは出来るだけ減らしたいもの!

オギ建設ではご来店を少しでも安心していただくために

アクリル板の『ついたて』を作成しました。

 

検温、マスク着、手洗い、うがい、消毒は基本ですが

念には念の対策です。何組かのお客様とのお打ち合わせに

使用しましたが全く違和感なくお話しできました(^^)

各業界でもこれからの時代のスタンダードになるかもしれません。

これ以外にも今何が必要か?ということを常に考え

出来ることから色々取り組んでいきたいと思います。

 

吹田市工務店、摂津市工務店、家でサウナ

So Design!オギ建設 荻ノ迫宏成でした。

http://www.ogikensetsu.co.jp

 

CONTACT
お問い合わせ
お問い合わせ
オンライン相談オンライン相談