吹田市・摂津市・北摂で注文住宅をお考えなら上質デザイン住宅、注文住宅専門工務店のオギ建設

吹田市・摂津市・北摂で注文住宅をお考えなら上質デザイン住宅、注文住宅専門工務店のオギ建設

吹田市・摂津市・北摂で注文住宅をお考えなら上質デザイン住宅、注文住宅専門工務店のオギ建設
吹田市・摂津市・北摂で注文住宅をお考えなら上質デザイン住宅、注文住宅専門工務店のオギ建設

EVENT & NEWS

2020年12月13日

屋根の1次防水と2次防水について

吹田市 摂津市 北摂で注文住宅を建てるならオギ建設です。
弊社で建てていただいたお客様には住んでからも満足いただきたい。
この記事はそんな内容になります。

前回に引き続き「屋根下葺材」についてです。
そもそも「屋根下葺材」は屋根があるのに必要なの?といった疑問にお答えできればと思います。

正直、新築を建てる時に「屋根下葺材」についてこだわられる方は少ないです。
それでも高性能な新築注文住宅を提供しているオギ建設では屋根下葺材(ルーフィングシート)もこだわっているということを少しでも知ってもらえる幸いです。

 

「屋根下葺材(ルーフィングシート)」とは?

以下イラストのように瓦と野地板の間に敷くシートです。

1次防水と2次防水

瓦をはじめ屋根材のことを1次防水
瓦をはじめ屋根材の下に敷くルーフィングと呼ばれる「屋根下葺材」を2次防水とよびます。

1次防水で防ぎきれずに外部から水が侵入した場合でも、2次防水であるルーフィングや防水シートによって雨を止めています。
私たちの住む家は、これら1次防水と2次防水の2段構えで、雨や風から守られています。

 

2次防水「屋根下葺材」も大切|2倍~3倍の耐用年数の違い

瓦をはじめ屋根材は見た目の良さも含めて決めることが多いのですが、2次防水「屋根下葺材」は工事中、屋根材が乗ると見えなくなってしまうもの。

だからこそ耐用年数や防水性などの性能が大切になってきます。
オギ建設の田島ルーフィング株式会社製の最高級の品質を誇る下葺材を使用しています。
耐用年数も一般的なものよりも2倍~3倍の耐用年数を誇ります。

吹田市、摂津市で注文住宅をお探しでしたらオギ建設へお声掛けください。
So Design!オギ建設 STAFFでした。

 

CONTACT
お問い合わせ
お問い合わせ
オンライン相談オンライン相談