工事の流れ

1.地鎮祭

地鎮祭

地鎮祭は、その土地の神を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得るための神事で、縁起をかついで行います。
家づくりのスタートとして、みんなで土地の神様に祈ります。

2.地盤調査

地盤調査

住宅の構造や強さは注目されますが、耐震性や耐久性を考える上で、その建物を支える地盤の強さを把握し、最適な状態にすることが非常に大切です。

3.杭打ち工事

杭打ち工事

地盤調査の結果により、必要に応じて杭を打ち地盤の強度を上げます。

4.基礎工事

住宅の基礎は、建物全体を支え、地震に耐える頑丈な構造にする上でもっとも重要な要素の1つです。 そして、建物を長持ちさせるためにも大きな役割を果たします。

  • ①配置出し

    敷地の中に建物の位置を記します。

  • ②掘り方

    建物の基準となる高さまで土を掘り起こします。

  • ③栗石敷き

    地盤を安定させるために、50〜100mmぐらいの大きさの石を並べて固めます。

  • ④防湿シート敷き

    湿気は、木材の腐敗やシロアリ被害の原因となります。防湿シートを敷くことで、地盤面の湿気が建物に上がることを防ぎます。

  • ⑤捨てコンクリート打ち

    厚み5cm程度のコンクリートを打設して、基礎(鉄筋)の位置を記すための水平面を作ります。家の強度には直接関係しませんが、水平面が粗いと後の施工に悪影響を及ぼすため、丁寧に施工します。

  • ⑥墨出し

    建物の柱の中心線や床・壁の仕上げ面の位置など、工事の基準となる線を記します。

  • ⑦基礎配筋工事

    設計図に従ってコンクリートの中の鉄筋を配置します。基礎の骨組みを作る作業です。
    配筋工事の後、基礎の形に合わせて型枠をつくり、型枠にコンクリートを流し込みます。

  • ⑧基礎・配筋検査

    役所、第三者機関(JIO)が、基礎の鉄筋の組み方などを検査します。

  • ⑨水道の配管工事

    水道の配管を工事します。

  • ⑩ベース土間コンクリート打ち

    土間の部分にコンクリートを打ち、3日程度かけて乾かします。

  • ⑪立ち上りのコンクリート打ち

    耐震性・耐久性に大きく関係する、基礎の立ち上がりにコンクリートを打ちます。

  • ⑫天端付け

    基礎の家の土台が乗る部分をミリ単位で水平に調整します。

  • ⑬基礎完成

    基礎の水平・垂直の歪みがないかチェックします。

5.先行足場組み

先行足場組み

作業性の良い足場を組むことは、大工や職人の安全性はもちろんのこと、良い家を建てることに繋がります。

6.気密パッキン入れ

気密パッキン入れ

基礎と土台の設置面に生じる小さな隙間を極力抑えるために、気密パッキンを敷き込んで施工します。

7.土台敷き

土台敷き

建物の構造を支える土台となる木材を敷きます。

8.上棟

「むねあげ」とも言います。大きな木材が搬入されますので、近隣の住宅に影響がないよう細心の注意をはらい、頑丈な構造を作る高い技術を持って作業します。

  • 1階の柱を立てる 1階の柱を立てる
  • 柱の家に梁を組む 柱の家に梁を組む
  • 2階の床の下地を張る 2階の床の下地を張る
  • 2階の柱を立てる 2階の柱を立てる
  • 2階の柱に梁を組む 2階の柱に梁を組む
  • 屋根組み 屋根組み
  • 最後の釘はお施主様に打っていただきます 最後の釘はお施主様に
    打っていただきます
  • 上棟式の前の清めの儀式 上棟式の前の清めの儀式

9.上棟式

上棟式

上棟式は、建物の新築の際、無事棟が上がったことに喜び、感謝し、新築の家に災難がないように神に祈念する儀式です。

10.断熱パネル工事

断熱パネル工事

LIXILの高性能パネル、SW工法を採用しております。これによって、高断熱、高耐震、高遮音性を備えた家が実現します。

11.屋根工事

屋根工事

ルーフィング(屋根の下地材)を張り、屋根材(瓦)を葺きます。

12.外壁工事

外壁工事

モルタル(外壁材)を標準で採用しております。 モルタルの外壁は大変手間がかかりますが、洋風住宅でも和風住宅でも違和感がなく、豊かな風合いや温もりが感じられる壁面です。

13.内装・付帯工事

内装・付帯工事

付帯工事とは、電気、水道、ガスの工事や、SW工法の特長のひとつ、計画換気システムの工事、キッチン、ユニットバスなどの工事です。

14.仕上げ

仕上げ

クロスやタイルを張ったり、塗装したりして、内装を仕上げて行き、最後はきれいに掃除をして完成です。