オギ建設の家づくり

完成してからでは見えることのない「構造(骨組み)」部分は
建物の「耐久性、耐震性」という点でとても重要です。

また実際に住んでからしかわからない「室内環境」は、
室温、湿度、換気、空気の流れ、またシックハウス等が大きく関係する
「快適性」といった点でとても重要です。
我々の場合、地元(大阪・吹田・北摂地域)の地域性や環境、
その気候を理解することがまず必要になります。

しかし現代の住宅事情は
目に見える」デザイン、インテリア等を最優先で考えられることが多く
目に見えない」家にとって最も重要なところの優先順位はかなり低くなっていると思います。

オギ建設が考える「良い家」とは?

新築や建て替え、リフォームに関わらず、
完成してからでは改善できない家の性能をしっかり高めることをまず基本とします。
その上で「こだわり」の間取りやデザイン、インテリアを
お客様お一人お一人とじっくり話し合いながらカタチにしていきます。
目に見える」と「目に見えない」の両方が揃ってこそはじめて
本当に良い家」となるのです。

注文住宅専門工務店であるオギ建設はそんな思いを込めて、地元大阪に根差す地域密着の工務店として
長年地元の皆様と向き合ってきた経験やノウハウを活かした家づくりを心がけています。

超高気密・高断熱で快適な住まいを実現するSW工法

日本の四季を快適に過ごす」「地震に強く長持ちする家を作る
それを可能にするのが、LIXILのスーパーウォール工法(SW工法)です。
弊社では、お客様に四季を通して快適な空間で暮らしていただくために、SW工法を採用しております。

独自のSWパネルによる高気密・高断熱・高耐震構造。
冷暖房や計画換気システムを組み込んで、部屋ごとの不快な温度差や空気の澱みなどを解消し、
住まいの基本性能を大きく向上します。

SW工法について詳しくはこちらを御覧ください。

シックハウス症候群を抑制する「FFC免疫住宅」

FFCテクノロジーとは、水に溶ける特殊な2種類の鉄ミネラルを建材などの組織内の水分に浸透させ、結露によるカビの増殖などを低減する技術です。
そのテクノロジーを家づくりに利用した免疫住宅は、シックハウス症候群を抑制する効果を発揮します。
荻建設ではこの技術を積極的に家づくりに取り入れ、幸せな家庭に欠かせない日々の健康をサポート致します。

FFC免疫住宅について詳しくはこちらをご覧ください。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)について

ZEH builder

ZEHとはNet Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略です。高性能な断熱工事を行うことで住宅の省エネ性能を高め、さらに太陽光発電などでエネルギーを"生産"することで、年間での一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる建築物のことを指します。経済産業省のエネルギー基本計画では、「2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHを実現することを目指す」とされています。
オギ建設ではこのZEHの重要性をいち早く認知し、お客様の新築住宅にも取り入れており、この度「ZEHビルダー」として認定を受け、ZEH支援事業へ取り組むこととなりました。ZEHのメリットはエネルギーにおける住宅性能の向上はもちろんのこと、経済産業省や国土交通省の行うZEH支援事業の補助金交付を申請することが可能です。
なお、当社における「今後の普及目標」は以下の通りです。
ZEH普及目標 ZEH支援事業について詳しくはこちらからご覧いただけます。
実際のZEHをモデルハウスとして公開しています。詳しくはこちらをご覧ください。
また、ZEHについてのご質問なども当社までお気軽にご相談くださいませ。

コンセプト

MODEL HOUSE

荻建設の社長自身が家族で暮らすために建てた家をモデルハウスとして公開しております。

Copyrights©2013 Ogi Kensetsu Co., ltd. All Rights Reserved.

page top